引越し

引越し業者を比較

サイト 比較サイト 参加業者数 一括見積 特長
HOMES引越し見積り 130〜 不定 引越業者ごとに特典があり、最大で50%割引も!引越し業者一覧で、各業者の特典が確認できます
ズバッと引越し比較 108 8 最大8社へ見積もり依頼。不用品はリサイクル専門サイトで買取りも。便利な家電レンタルパックあり!
引越し比較ガイド 150 10 参加業者の多さが魅力。お客様によるランキングもあります
引越達人セレクト 67 15 最大15社から返ってくる一括見積もりの多さが魅力。「引越しプチ風水」などの情報もあり。
タダで運ぶゾウ 個人情報の登録なしで一括見積もりが可能。営業電話の心配がありません。
2013/6/3時点調査

荷造りのコツ

1. あると便利な荷造り資材
ダンボール 運送会社からもらえない場合もあるので、見積もり時に確認しましょう。
ガムテープ 布製のほうが跡が残らずにきれいにはがせます。
ビニール製の丈夫なものを用意しましょう。
油性マジック  
軍手  
はさみ、カッター  
ゴミ袋  
古新聞 割れ物を包んだり、緩衝材として使用します。1か月分くらいあると便利。
ビニール袋、ラップ、輪ゴム 調味料など液体の入ったビンを包むときに使用します。
布団袋  
雑巾  
2. 荷造りのポイント
普段使わないものから片付ける 本やシーズンオフの衣類など、普段使わないものから先に梱包します。
重いものは小さな箱に 本、書類などは意外に重くなります。一番小さなサイズのダンボールに梱包しましょう。
荷造りは新居の部屋ごとに 新居の部屋ごとに荷物をまとめて箱詰めすれば、片付けがスムーズに。
ダンボールに品名と通し番号を ダンボールの側面にはっきりと何が入っているかをマジックで書いておきましょう。「台所」「居間」など、新居の運び先も書いておくと引っ越しの際、スムーズです。また、通し番号をつけておけば、荷物が紛失していないか簡単に確認できます。
割れ物は梱包を 食器などの割れ物は必ず新聞紙などでくるみ、隙間にも新聞紙などの緩衝材を詰めましょう。布団などの間に挟んでおくと、運搬時に乱暴に扱われて、かえって割れる危険性があります。
液体はビニール袋に 調味料など液体の入ったビンは、ふたの部分をラップで包んで輪ゴムでとめます。更にビニール袋に入れてしっかり口を閉じて、新聞紙などで包んでください。
紙袋はNG 紙袋などに荷物を詰めるのは、破れやすい上、トラックへの積み込みや運搬時の効率が悪くなる元になります。必ずダンボールに入れましょう。
植木鉢 観葉植物などは、鉢を新聞紙で包んでから、ふたを開けたダンボールに。隙間に新聞紙を詰めて、動かないようにします。
貴重品は手荷物で 現金、印鑑、預金通帳などの貴重品は、自分で持っていくようにしましょう。
すぐに使う物はひとまとめに 洗面用具、普段使いの食器、タオル、トイレットペーパーなど、すぐに使うものはひとまとめにして、簡単に出せるようにしておきましょう。
3. さらにこんなポイントも
新居の間取り図に家具の配置を 家具の配置を書いた間取り図を運送業者に渡しておけば、荷物の運搬がスムーズに。
カーテンの準備を忘れずに 引っ越した初日からカーテンは必要になります。すぐに出せるようにしておきましょう。また、これまで住んでいた住居とカーテンのサイズが違う場合もあるので、事前に確認を。
パソコンはバックアップを 万が一、破損した場合に備えて、必ずバックアップを取っておきましょう。
挨拶に持参する品物の用意を 大家さん、ご近所に挨拶をする場合、事前に持参する品物を用意しておけば、引っ越し後にあわてずにすみます。